FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しんどいが懐かしい・・

 先の土曜日、町の郊外にある坂尾呂神社の総代・桜井さんから一冊の冊子を貰った。
 sakaorojinnja.jpg
 
 坂尾呂神社は好きな神社で、何回かそれまでにも出掛けていた。
 その神社付近には、現在計14基の古墳が確認されている。
 境内地にも直径7メートルほどの円墳が5基ほど残っていて、古代からの息吹が伝わって来る。
 神社の祭神は素盞嗚尊。
 400年以上もの神木の杉の大樹があり、社殿も222年を経過している。
 古代から開けた祭祀場であったようだ。

 神社の背景になだらかに続く山々、その頂点にあるのが「シデの山」。731㍍にもなり、日本海も見えるという。集落の背後、懐深く鎮座される恵みの山、いはば神体山であったのだろう。シデ山という名称は、この山にもあるシデ(椣)という木に由来しているのだろうが、神社で使うシデ(紙垂)とも相通う。
 sidenoyama001.jpg
 ▲冊子表紙写真から

 麓から山頂近くまで平成3年、20年ほど前に林道が通じた。
 しかしかえって山が荒れてしまったらしい。
 便利になることによって荒れることもあるものだ。
 
 冊子によると、林道開通以前は、シデ山はカヤの山だったとのこと。
 カヤ葺き屋根につかうカヤを、集落あげて栽培していた山だったということだ。
 40年ほど前までは、カヤ刈りに集落あげて取り組み、カヤは集落各家の屋根材ともなり、他所に販売しては集落の現金収入にもなっていた。
 sidenoyama004.jpg
 sidenoyama005.jpg
 山頂から集落が望めた。昭和38年

 集落皆で登山しては山焼きも行い、春には山菜採りを楽しんだ。
 桜井さんから頂いた冊子は、昭和30年代、カヤ刈りをしていた頃の写真や思い出を記録した貴重な冊子であった。

 村役として各家から動員されての山行きで、大変だったと思う。刈り取ったカヤを男は天秤棒で、女は背丈が隠れるほどに背負って、急な坂道を一時間以上も下ったという。
 しかし冊子に書き綴られた集落の人たちの思い出は、懐かしさに溢れていたものだ。
 sidenoyama003.jpg

 以前、山頂近くまで車道を上ったことがあるが、いまは以前のカヤ場にも木々が生い茂っていて、昔を思うよすがもなかった。

 のんぼの田んぼは、確かに昔風だ。
 機械を駆使しての便利な農業ではない。しんどいことも多いが、懐かしさも同じほど頂く。

 明日は脱穀。隣町からハーベスターを運んでもらう。足踏み脱穀のしんどさもいいものだが、とにかく明日脱穀できることは嬉しい。
スポンサーサイト

有道佐一の世界

 2日、グンゼ集蔵で開催中(1~6日)の有道佐一の絵画展に。今回は出展された数も60を超え、時間をかけてゆっくりと鑑賞した。

 有道佐一は、明治29年(1895年)、丹波の綾部に生まれた。
 19歳のときに、綾部の山家にスケッチ旅行できた鹿子木孟郎に見出され画業の道に入っている。 
 1935年、40歳のときに一年ほど渡仏。
 前衛の彫刻家ジャコメッティに見いだされ、フランス画壇の「サロン・ド・メ、サロン・チュイルリー」の客員にもなったという。
 当時ジャコメッティは30才代半ば。執拗な哲学的思索を湛えながら、絵画や彫刻の芸術創作活動を行っていた芸術家で、有道のなかにある実在へと沈潜する姿勢に共鳴したのだろう。

 ジャコメッティは思索を多く書き残しているが、有道はどうだったのだろう。彼の文章があれば読みたいと思う。
 
 しかし作品そのものが多くを語ってくる。
 国外で高く評価され、実力もあり、普通なら中央画壇で活躍もするであろうが、有道はその道を選ばなかったし、選べなかったのだろう。
 故郷丹波の自然のなか、脚下に実在する無限のいのちに触れてゆくこと、それそのものの充実を楽しんでいたのであろう。
 
 鎌ひとつ、あるいはなにひとつ持たず田んぼにいるときにも、似たような思いがするときがある。
 祈ったり、瞑想しているときにも、微細な動きを心身に感受する。
 有道の絵にも、そのようなものを、よりリアルに感じることができた。

 ちゃんとした画集が出版されないものか…と切に思う。

 絵はがきを何枚か購入。写真は「柿の木」1955年作20111102arimiti.jpg

12月30日 綾紫のもち

 例年の行事だが、今年も師走30日のお餅つきの集いに。
 郊外のおおつきさん宅。

 お祭りらしく、お子さん、お孫さん、赤ちゃん達も参加で、延べ40名近く。
 ほとんどが知り合いだが、いつも数人は新顔が参加される。
 
 前日の里芋ほりが腰にきたのか、昨夜はぎっくり腰となって、寝返りもできない状態だった。
 が、餅つき会にはどうしても行きたかったので、腰を伸ばし伸ばし参加する。
 もちろん杵は握れず、残念だった…。

 白米系の餅つきが終わったあとに、精米して蒸し上げた色つきの綾紫(中国古代薬用米、もち米系)を臼に。
 5㌔、二臼を今年は搗いた。

 昨年は玄米を蒸してお餅にしたが、今年は精米してのお餅。みなでいれかわり搗いてもらい、搗き上がりをみなで小餅に。

2010123001.jpg

2010123002.jpg

2010123003.jpg

2010123004.jpg

2010123005.jpg

2010123006.jpg

2010123007.jpg

 味わいは、白米のお餅とはやはり違い、味わいが深い。
 苦労を共にしたカンさんも、「これはいける」と歓声。綾紫の品質、手応え十分という感じ。来年もはりきって作れそうだ。

 皆のいるところでお餅にしてもらい、喜んで頂けたこと、なりよりうれしいことであった。
 のんぼ田の五穀米も小分けしてお土産に。

 なんとか本年ののんぼ田、無事にというか、終わることができた。
 振り返ると、春からの田仕事、いろいろ大変でもあったが、みないい思い出になっている。
 
 いろいろあるだろうが、来年もいい年になりますように。

2010123008.jpg

12月29日 里芋収穫

 29日午後、青空に誘われて里芋ほりに。

 寒さよけをしておけば、掘らずに、そのままにしておいて構わないと思うが、土も凍るような気候に向かうので、やはり掘りだして、種イモを保存することにした。

 里芋の畝は、機械をつかう隣の水田から「水が来ている」と苦情がでないようにと土盛りをしたところ。土に湿気が多い。もうすこし畝幅を広げたいが、来年の課題だ。
 
 収穫はそれなりだが、なによりのかわいい里芋だ。

2010122902.jpg

2010122903.jpg

 里芋は連作を嫌うとかも聞く。ネットでも「作りやすい野菜であるが、連作を大変嫌うため、4~5年同じ物を植えていない場所で栽培する」とかの記述がある。来年は連作3度目になる。連作障害、ほんとにあるのだろうか。連作障害のことは、あまり調べたこともない。どんなメカニズムなのだろう。

 今年最後の田んぼ。かぼちゃ畑を一巡すると、収穫わすれの万次郎が一個残っていた。こちらのミスで以前に集めていなかったわけだが、うれしいものだ。ときにはミスしたり、忘れることもいい。

2010122904.jpg

2010122901.jpg

 カラスが二羽、里芋畝で遊んでいた。カラスの顔を覚えていたら、あのカラス、こっちはあのときの子ガラスとか、おもしろかろうと思うが、そこまで観察するには忙しすぎる。おもしろいことを、忙しさのなかでたくさんに失っている。
 また来年とカラスに声をかけて、今年最後ののんぼ田を辞した。

12月11日 亀の尾のお酒

 朝、庭で「雪虫」が一匹飛んでいた。
 そろそろ雪も降り出す季節になった。
 デジカメで写真を撮ったが、すべて「雪虫」はピンぼけになる。
 群で飛んでくれれば、雪のように写るかもしれないが、単体では様にならない。

 
20101211yuki.jpg


 昼からのんぼ連4名で由良川河口に。ひさしぶりに水間の本田さん宅訪問。
 
 本田さん作の酒米「亀の尾」で醸されたお酒を飲ませていただいた。
 蔵元の広告では、「弥栄鶴 本田さんちの無農薬米亀の尾使用 亀の尾蔵舞(かめのおくらぶ) 特別純米生酒」と書かれている。
 少量の限定酒で、市場では手には入らない酒だ。本田夫人の話では若いがなかなか人徳のある杜氏さんが造っているらしい。淡麗やや甘口。含むと柔らかな気が口内に満ち、体内に降りてゆく。
 お米を作った本田さんには、また格別の味なのだろう、酔いとともに笑みが深くなる感じで、勧められるままに盃を重ねた。

 本田さんは読書家だし、農業を通しての自然観察家でもある。蓄積された話題は、短時間の滞在ではどうしてもカタログ雑誌状態?になり、それはそれで面白かった。賑やかさをプラスしたいのか、部屋の中にミソサザイまで飛び込んで来ていた。

20101211miso.jpg

 
 集落の田んぼは耕地整理が進んでいた。ハリヨ(針魚)という魚が、耕地整理前にはいたと本田さんはいう。絶滅寸前の貴重な魚だったらしい。スッキリした圃場になっているが、住処を追われ、生存権も奪われる魚の身にすれば悲惨である。
 
 農業も自然の生物には暴力行為になることが多い。人間の農業権と生物の生存権を調整する法政を、人間が万物の長ならば、まじめに求めてゆかなければなるまい。
 農業しかり、工業しかり、商業しかりだ。人間だけの人権から、人群万類の生存権へと、権力の軸を移してゆかないと、おかしな地球になってゆく。

 黒い実の柿をはじめて食べた。本田さんの畑に植えているという。熟さない前から実は黒いとのこと。柿は好きだが、こんな柿があるとは知らなかった。
20101211kaki.jpg

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。