FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲の種まき(2011年4月28日)

 3月11日、東日本大震災、そして福島第一原発事故があり、なにが忙しくなったというわけではないが、落ち着かない春の日々になってしまった。
 概して寒い春。桜をはじめ、野の花たちも一週間遅れの開花か。
 体調崩れがちで、咳がなかなか抜けない。
 結局、予定していた畦つくりなどの田んぼの準備はなにもしないまま。これからである。
 
 昨年は4月22日に種蒔きをしたのだが、今年は地方にでかけたり、風邪も引いたり、今回の大震災関連でのイベントにも関わったりで、あれあれと日が過ぎてゆき、昨日(27日)から慌てて種蒔きの準備に。
 
 今年は苗箱20枚の予定で、はまのさんに車を出して貰い、「水稲育苗培土」を農協で5袋(クボタ・一袋20キロ・777円)を購入。DIYの方が安かった(20キロ一袋500円)が、昨年と同じ農協扱いを購入。

培土は、有機物のない山の赤土を準備すれば、それでいい(それがいい)のだ。以前、いわさきさん達と田んぼをしていたときは、それで行っていたが、最近は出費しても手軽な方になっている。反省。

 28日、種蒔き、当日。

 朝、万次郎南瓜の苗(3株)購入のために郵便局で送金していたら、電話。
 にしのさんから、早く種蒔きにかかろうとの催促の電話だ。ありがたい。


 はまのさんが芽出しをしてくれた種籾。
 綾紫は芽はまだ出ていなかったが、他品種は大体芽が出ている。
 最初の予定では、苗箱に赤米2枚、緑米1枚、黄米1枚、ハッピーヒル2枚、黒米(本年初)1枚、50種混合米(本年初)4枚、綾紫9枚の計20枚の予定であったが、種が余ったこともあって、苗だけでも育てようかということになり、赤米1枚、黒米1枚、緑米1枚を追加。計23枚。

20110428sinpimai.jpg
▲綾紫(古代米、モチ系)

20110428aka.jpg
▲赤米(古代米、モチ系)

20110428hh.jpg
▲HH(うるち系)

20110428kiiro.jpg
▲黄色米(モチ系)


2011042850.jpg
▲50種混合(Uさんから)

20110428midori.jpg
▲緑米(モチ系)

20110428kuro.jpg
▲黒米(Uさんから)

 にしのさん、はまのさん、小生で作業。約1時間半。


 忘れないように、また来年の種蒔き作業のために記録しておくと、
 
 ○23箱だったので、培土は5袋では不足した。20箱なら5袋(100キロ)でいい。

 ○苗箱の下に、新聞紙を敷く。

 ○苗箱は深さ3センチだが、土を2センチ入れ、1センチは開けておく。その為の道具を使う。

20110428tutiire.jpg

20110428shaku.jpg


 ○土を入れて、種を撒く。かなりしっかりと撒く。写真参照ということで、ちゃんと計量しなかった。作業を開始すると計量するような時間もないものだ…。カップ一杯というところか。

20110428tanemakiryou.jpg


 ○土を入れた段階で散水するのではなく、にしのさんは、種を撒いてから水を撒く。その方が種がしっかりと土に定着するとのこと。作業をしながら了解す。
 
20110428sansui.jpg


 ○散水後、種籾が隠れるほどに土を被せる。

 ○今年までは保苗器を借りることにした。なるべく器械類を使わないようにしたいので、来年は別方式を模索することになる。


 稲作行程、毎年のことだが、一歩一歩の歩みとなる。
 登山と同じで、先のことは何も思わない。歩くだけだ。
 今年も淡々と土に親しみ、いのちに親しみ、祈りを深くしてゆきたいと思う。
スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。