FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月半ばまでの作業

7月6日  久しぶりに会ったはまのさん、いろいろなことが続き大変だったとのこと。大豆の苗と種をもらい、夕方,かなり徒長した大豆苗だったが、植え付ける場所の草刈りをして40本ほど超特急で植える。種も畔に蒔きたかったが、時間なく、闇に追われて帰宅す。
 不安定な天候で、雨が降ったり止んだり、雷も天を走っていた。
 
 田んぼにゆく途中、畑にでておられたタナカさんと雑談していたら、「完熟梅が落ちているので、いらないか」とのこと。今年は家の梅の木の剪定を徹底していたので、実はほどんど収穫がなかった。ほんとに欲しかった梅の実ででうれしいこと。「袋にいれて置いておくから帰りに持って帰ったらいい」とのこと。
 帰路、タナカさんの家の前に、米袋に7㌔ほどの梅が置いてあった。
 帰宅後、梅干し用とジャム用にわけて、早速に処理する。

7月7日 95さん宅でスモモのジャム作り…の予定だったが、収穫が今年はほんとに乏しく、幸いなことに!収穫作業はほとんどなく、すぐに昼食茶話会となった。
 10数名の集まり。
 はるばる岡山からクヤマさんがこられ、持参されたヌカと塩だけで漬け込んだ大根、白菜の漬け物も食卓に。本格的な発酵食品で、食べると体が喜ぶ感じだ。美味いの概念が違う。
 にしやまさんのうどん、95さんのスッポン汁等々も、他では味わえないもの。
 焚いたご飯はカンさんのお米。「新米はもっと美味しいで」とカンさんは言うし、その通りだが、昨年のお米でも、ひけを取らない感じだ。ぜいたくな午後だった。

7月8日、9日と滋賀の茗荷村開村30年の記念式典にでかけた。たくさんな人達に出会い、いろいろな思いが交錯する。梅雨の晴れ間で、9日はピカピカの青空だった。午後3時帰宅。さすがに疲れて田んぼにはゆかず。
20120709kakiran.jpg
 畔にはこの時期ノカンゾウの花が咲いているが、山の斜面地にあったこの花は貴重種のようだ。カキラン。

7月10日 のんぼ田では、石油をつかう唯一の農機具が草刈り機だ。体調不良で田んぼにはゆかず。しかし気持は動き、混合燃料を購入に。11日も休み。

7月12日 南田の土手、畔など2時間余の草刈り。取水具合を直す。赤ジソの苗を、すっかり遅くなったが、南田沿いに定着。8月末でもウメボシにいれようと思う。

7月13日 九州北部は異常なほどの集中豪雨。北田のカボチャ畑の草刈りを3時間半ほど。あと少し残っている。追われることばかり。

7月14日  午後、舞鶴での小出裕章さんの講演を聴きにゆく。感銘深し。数多くの友人たちと出会う。

7月15日 他事も多く、酷暑もあり、田んぼにはゆけず。はや月半ばとなった。
 

スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。