FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月3日 近況

 稲刈りから二週間が経過していた。
 稲木に干している稲のことが気になりつつ、他事にかまけて、なかなか田んぼにゆけない。
 しかし先延ばししていた脱穀作業が、頭を離れなくなってきた。気になってならない。
 4日から6日も東京、静岡の予定だ。
 7日日曜日も奈良にと思っていたが、奈良行きは中止して、その日に脱穀することに心を決めた。
 6日夜行バスで7日早暁に京都駅。朝8時前に帰宅予定。一息いれて脱穀作業に…。

 何人かに連絡。
 このブログをご覧の方へも連絡しますが、稲刈りほど人手はいりませんので、ご心配なく。

 脱穀作業 7日(日)午前10時すぎから のんぼ北田にて

 昼ご飯は、作業まえに里芋を掘って、それを煮て食べることにしましょうか。

 20101103ine.jpg


 脱穀作業、ハーベスターがあったらな…との声もあり、どうしたものかと思いつつ、うじうじしていた。
 自給米を作るとしても、脱穀、籾摺りには、どうしても機械力がいる。その他、電柵やら草刈機、その燃料代などなど、経費が積み上げられてゆくことになり、「作るよりも買ったほうが安い」ということになるわけだ。
 機械や金肥農薬で作りたくないものの、うじうじさせられることが多いことだ。
 脱穀は、昨年までの通り、足踏み式脱穀機で行うことに心も決め、心も落ち着きはじめる。
 
 夕方、田を貸して貰っている近所のおばあさん宅(2軒)に、お礼の御菓子と万次郎南瓜をもって行った。
 ご不在だったので、メモを書き、勝手口に。明日朝、町にお住まいのあるもう一軒のおばあさん宅にも挨拶にゆく予定。

 万次郎を10数個収穫。畑にはまだ10個ほど残っている。まだ蔓首が青いので収穫は先にする。
 こんなに寒くなっても花は咲き、小さな実をつけている万次郎もある。
 元気な南瓜だが、今年は淋しい収穫だった。苗一本あたり20個強であっただろうか。100個成るといわれている万次郎にすれば、ふがいないことであろう。来年は…と思う。

20101103man3.jpg

20101103man2.jpg

 帰路Tさんが可愛い犬を散歩させておられたので、話しかけると、二匹のうちの一匹がどこかにいなくなり、捜索中であるとのこと。お見舞いにと万次郎を一個プレゼント。見つかればいいな。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。