FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月9日 お目見え

 すりこぎと瓶で、4時間もかけて籾摺りされたお米の写真を、おがきさんから送ってもらった。
 先日脱穀した、今年初登場の「のんぼ5色米」。

20101109gosikimai.jpg


 すてきな文章も一緒に送られてきた。

「昨日2時間、今日も2時間くらいやっていましたが、ようやく大さじ3杯くらい…。
 一粒一粒手でつまんでいるからでしょう。でもこれが結構楽しくて、終わりにするタイミングが見つからないのですよね。しかも何より色が美しい。小さな小さな世界に入り込んでいる自分が居るのですよね。

 外側はこげ茶色でも中はうすーい緑色。外は生成色(きなりいろ)なのに中から細長い濃い紫色。時々オレンジ色が出てくるとそれだけで嬉しい。
 なんか色があるってことはそれだけで嬉しいものなんですね。それを鎌倉時代の常滑焼の小皿に載せたら物凄く絵になる…!

 昔の人はどのようにして籾摺りをしていたのだろう?きっとこれだけ大変だったってことは、人生食べることだけで費やされていてもそれでよかったんだろう。そしてその作って食べるという行為の中に喜びも沢山つまっていたのかもしれないなぁ…なんて考えていました。

 そして籾摺りを一旦中断して近所のスーパーに出かけたら、食材が溢れていてなんだか眩暈起こしそうに…。外からみると便利と不便利の間はちょっとの差しか感じられないかもしれないけれど、その中に無数の喜びと美が詰まっているような気がして。(後略)」
 
 今度籾摺りを一緒にするカンさんも隣町から様子をみにきてくれた。
 なんだかうれしい思いになって、このブログをアップした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。