FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月20日 籾すり

 あわただしい師走の日々が続くが、静謐な日々でもある。

 20日、はまのさんの車に籾を載せて、隣町のカンさん宅に。
 カンさんは、籾すり機スタンバイ状態で待っていてくれた。
 
 今年ののんぼ田の収穫は、籾状態で
  綾紫  76.5キロ
  赤米  50.1キロ
  緑米  16.9キロ
  黄米   4.1キロ
  hh米 15.8キロ
 総計 163.4㌔
 であった。
 
 南田の綾紫はイノシシが食べてしまって収穫なしになってしまったが、それを含めれば200キロ弱か。

 綾紫は、半分は籾状態で保存することにして、あとはみな玄米にした。
 綾紫の一部は、お餅つきで使うために、さらに精米した。

 20101220ayamu.jpg
▲餅つき用に精米した綾紫

 今年資金を出し合って購入した籾すり機は、中古の中古という感じだが、カンさんの愛情あふれる管理で、機嫌良く動いてくれる。

 綾紫は、例年は粒全体が濃紫色できらきら輝いているのだが、今年はすこしこげ茶色が浮き出ているものもあった。気候のせいなんだろうか。

 機械一回通しでは籾が残るので、すべて二回通し。それでもわずかに籾が残るのだが、それは洗米のときに流してもらおうということに。

 しかし、これで籾すりも一応カンさんとの協力体制でできることになり、来年はあまりやきもきしなくても済むことが判り、ほっとする。

 お米はほとんどが友人たちへの配布となるが、草刈りのガソリン代と電柵のための積立て分は、どこかで?現金化したいなとおもってはいるが、どうなることやら。
 
  ○

 あわただしく、睡眠時間も少なくなるような忙しない日々だが、そのくせ静謐な毎日だ。
 
 先日は早朝に電話があり、つれあいが亡くなったので葬式をしてくれとの依頼があった。
 葬儀はいつも急なものだが、準備をおえて翌朝の新幹線でかけつけ、告別式から野辺送りまでを執行させてもらった。
 故人は生前何度か会ったこともある高齢の御婦人。「しぬび」という祭文作文のために生い立ちなどもすこしだけだが、取材した。
 死は収穫でもあろう。それぞれの人生の収穫をもって他界に去ってゆくものだ。

 玄米から更に精米をしている時は、葬儀で祭文を唱えているときと似た澄んだ静かな思いが湧くものだ。
 種から育て、それなりに情愛を注いで育てた米が、いまその種というこの世で輪廻する命を削がれて、他界にゆく。
 その他界では、人間(小生ら)が喜んで待ち、その命を迎え入れる…。

 
 数量はそれなりだが、思いはいろいろ豊かだった今年の稲作だった。
 さっそくに炊いた新米を食べる。
 味のみでなく、感動も深いものだ。
 帰る前に、カンさんの畑を見させてもらった。春へのいのちが育ち始めていた。

 20101220kanhatake.jpg

 

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。