FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ7月なのに酷暑の日

 気がつけば、一週間が経過している。あらら、あれあれ。

 このところの農事関係、なにをしていたのか、メモしてゆく。

 いつも思うが、なになにを達成した…というよりも、何か動いていた…という部分に「ありがたい」ものがあるものだ。日々の生活しかりである。
「草取りをした」という結果でなく、時間を忘れて草を取っているその動作のなかに、尊いものがある。
 その尊いものは、空気のようなもので、なにをしているのか分からないような、単純な動作の繰り返しであり、その動作のなかでは、とりとめもないが、結果に縛られない感じの想念が風のように行き交ってゆく。
 いわゆるボンヤリだが、そのボンヤリがあってこその、人間の存在論レベルのなにかが培われるものだと思う。なにか落ち着くものがあるのである。など勝手に思いつつ… 

7月15日
 市内の小学校で環境問題の授業の一部に参加。午後は冷房の効いたレストランで、関係者と食事会。
 外にでれば猛烈な酷暑の日。田んぼには行けず…というか、行く気力なし。

7月16日
 この日も酷暑。デスク仕事で忙殺される。田んぼ、行けず。

7月17日
 この日は田んぼゆかず。夕方まで人の出入りが多かった。

7月18日
 なでしこJAPAN、ワールドカップ優勝の報。感動。
 昼前、脱原発の講演会に。
 小泉前首相の「感動した!」が、今は「菅、どうした」になってしまったと、講師のシャレ。なでしこjapanの監督さんも親父ギャグが好きらしいが、「菅、どうした」は秀逸。
 この日、田んぼには行かなかったのでは…。記憶がない。「あかん、どうした!」

7月19日
 台風6号の影響は北近畿まで及ばず。
 涼しくなり、夕方、田んぼの水の確認に。北の田んぼの草取り。

7月20日
 夕方2時間、草取り。
 二度三度と草取り後、勢いは弱くなってもセリは生えている。柔らかいので食材に。
 畦のセリは白い花を咲かせている。
 万次郎南瓜の勢い、おそろしいほど。水田のなかまで進出しようとしている。畑の草取りの時間なく、気に掛かる。
 20110720.jpg
 ▲山裾の半ば右の小屋は、昔はタケノコの缶詰工場だったという。裏の山からの水を池に貯めて、簡易水道の始点にもなっていたという。あまり高くもない里山だが裾が長いので、水が豊かだったようだ。

7月21日
 台風通過後、すこし涼しくなり、一気に体調にでてしまう。とにかく眠くなるものだ。
 夕方、眠気を抱えたまま、田んぼに。草取りを淡々と2時間。

 以上。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。