FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月も中旬に

 日誌が同じようなパターンになってきた。間隔が空きすぎる。
 草取りが一段落したからだが、それ以上に酷暑が続くからだろう。
 11日分のメモになるが、手帳をみながら、いそいで書き留めておく。

8月2日 夕方から地球温暖化問題の会合で田んぼゆかず。
 帰宅後9時のNHKニュースで、静岡県中部で早場米・「なつしずか」の収穫前に放射能検査をうける農家の表情を撮していた。3日のニュースでは、検査結果は大丈夫だった様子。
 人ごとではないが、東北地方の同種のニュースは、最近にいたるまで目にしないし、耳にもしない。報道されないのだろうか…。それだけ気が重くなる。

8月3日 午後は会合が二つ重なり、田んぼには行かなかった。
 おもしろい農業書がまわってきて読んでいる。
 基本は簡明である。土と人間の身体は同じだということ。
 土も放射能で汚染されるが、人間の身体もしかり。
 土を耕し肥料や農薬で維持するように、人間の身体も外部から適宜な刺激(ストレス)を与え、栄養と医薬品で維持することが、今は一般化している。
 しかし、ほんとうの土の健康、身体の健康とはなにか。
 自然のままに、自然にまかせて、束縛も刺激もしないことが肝心である。
 土にも無理に肥料を入れる必要はない。身体においても、過剰なエネルギーは禁物だ。
 薬もしかり。
 読みながら、田んぼにおける草は、人間における何にあたるのだろうか…と思い始める。腸内細菌のようなものだろうか…

8月4日 この日も田んぼにゆかず。日吉のFさんから電話があり、「のんぼ田をいま見てきたよ」と。自分の目で見なくても、なにか見てきたような気分になり、一安心する。
 
8月5日 夕方、草刈り機を肩に田んぼへ。にしのさんと久しぶりに会う感じ。小雨もようだったが、6時過ぎに仕事を終わるころには、虹が空一杯にかかっていた。家まで虹を見ながら帰る。
20110805niji.jpg


8月6日 昨夕、畑から刈り取り水洗いしていた赤ジソを処理して、ウメボシの甕に。白梅酢をすこし瓶に保存。甕に塩もみして絞った赤ジソの葉をほぐして入れると、一気に紅色が拡がる。例年、赤ジソは購入していたが、今年は種から育て、すこしは感慨が加わるものだ。朝食前の一仕事。
 こだまさんの車にのって、舞鶴での「ピースパレード」に参加。とにかく暑い1日だった。ライブで食べたお握りのお米、美味しかった。
 この日も田んぼゆかず。

8月7日 暑いので、のんびりせざるを得ない。あれこれ仕事を処理しながらも、友人宅に遊びにいったり、知人が作品をだしている写真展を見に行ったり。で、この日も田んぼにはゆかず。水が心配。

8月8日 この日も同様。
8月9日 長崎原爆の日。園部で38度1分。園部では観測史上最高の気温だったとか。この日も田んぼゆかず。

8月10日 夕方、激しい夕立。なんだか一安心する。この日も田んぼゆかず。

8月11日 昼過ぎ夕立。雷も。この日も田んぼに行っていない。かく書きながら、恥じるものあり。なにがなくても、見回りにはゆかなくては……。

8月12日 昼前、田んぼの水がうまく入っているか、見回りに。南田の取水口に落ち葉が溜まり、水が細くなっていた。夕方は余所で一時間ほど草刈り機を使ったが、しばらく農作業をしていなかったからだろう、ちょっと疲れる。
 今年初めて北田に植えた多種品米だけは、すでに穂が出ている。田んぼのこの部分(2箇所)は、稲刈り時期を早くすることになる。
 20110812.jpg

8月13日 盆に。13日夕方にご先祖をお迎えし、3泊4日を過ごして貰い、16日に送り火で送るというのが、日程の基本なんだろうか。お盆のときは、仕事をしない、というわけでもないが、お盆休みだ。田んぼにこの時期でかけるのは、どうなんだろう…など思うものがある。
 昔は、お盆の時期、農事をしていたものだろうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。