FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月2日 亀岡・のんぼ田での稲刈り

 朝はやくの汽車で園部へ。園部駅からはこだまさんの車で亀岡郊外ののんぼ田「紅葉田」に。
 ひさしぶりの紅葉田である。
 コスモスがお出迎え。
 ビオトープでもある水田の溝には、メダカたちが元気に泳いでいる。
20111002kosumosu.jpg

20111002medaka.jpg

 今年は鹿がやってきたりして収穫は少なめ。
 分けつも少なかったようで、数株で一握りというような部分もあった。
 その分稲刈りは楽で、うれしい?!
 2時間余、あっという間に稲木掛けまで。
 いぬもちさんが持参されていた昨年の稲木干しの写真と比べると、6割か7割という感じだった。

20111002inagi.jpg

20111002okome.jpg
 
 奈良からたけのさん、近くのいぬぶせさん、地元のやぎさん、ささきさん、にしださん、顔なじみのおじさん、近郊都市からかとうさん、たけむら夫妻、などなど、にぎやか。

 ちらし寿司の豪華昼食。
 あほな話も多い。
「やぎさんの玉子という看板があった。山羊の玉子かとしばらく思っていたが、あとで八木というお店の玉子やと気がついた」とか。そんな話で盛り上がるのもまた面白い。

20111002gohan.jpg


 昼食後解散。
 帰路、たけむらさんの稲木干しのお米と畑を見学。
 稲刈りも終わり乾燥した田んぼに、タニシがいた。雨でもふると、あちこち出てくるとか。

 畑には、関電電柱から引いた強力な電柵。バッテリー電柵よりも経費も安く、強力であるとのこと。もっと普及してもよさそうだ。

 畑にはサツマイモ、花豆、それにステビアというハーブの三種類が栽培されていた。
 ステビアは初めて現物を見た。南アメリカ原産のキク科の多年草。葉を噛んでみたら、おどろくほどの甘さ。砂糖の300倍の甘さとか。糖尿病、高血圧、健胃剤やら強壮剤にもなるとか。
 
20111002sutebia.jpg

 いろんなものがこの地球には準備されているものだ、と感嘆する思い。ステビア、注目したい。
 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。