FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「奇蹟」的な稲刈り

 秋の空は変わりやすい。
 
 今日(23日)は、朝9時から河川敷で開かれていたコスモス祭りに。半日をテントの下で過ごした。
 朝はピカピカの青空だったのが、いつの間にか厚い黒雲が全天にかかって雨が落ち、またもや太陽が顔を出したかと思えば半時間も経たないうちに篠突く雨。天気予報もあまり当たらない秋の空である。雨の上がった町を自転車で帰路に。
2011102301.jpg

2011102302.jpg
 会場ではコスモスが何度も雨に洗われ、陽光に輝き、きれいだった。


 昨日(22日)も不思議な天気だった。
 天気予報からは、稲刈りは小雨の中と覚悟していた。
 小生は朝8時すぎから田んぼに。雨は落ちないものの、いつまで持つかな…という思い。
 10時前後に稲刈りに参加される皆さんが集まり、午後1時半過ぎまで、雨に降られることはなかった。二度ほどの小雨は挨拶のような雨ですぐに止んだ。
 昼すぎには雲間から田んぼに光が降り注ぎ、祝福された稲刈りだったのだろうと感謝の思い。

 長老のにしのさんも、この日は村役でのんぼの稲刈りには参加できないと残念に思っておられたら、雨ということで村の作業は中止となり、雨なしののんぼの稲刈りに参加でき、雨のこともあわせて「奇蹟のようだ」と喜んでくださる。
 
 参加してくださる方も予想以上。にしのさん、はまのさん、おおつきさん、くごさん、かんさん、きたださん、じょんぱるさん、たけのさん、ふじわらさん、さちこさん、はらさん夫妻、にしやまさん、かとうさん、きたさん、せきたさん夫妻、小生の18名。行きたいけど都合がつかないとの連絡も数名の方からいただく。
 
 赤米、黒米、ハッピーヒル、黄米、緑米、綾紫、いろいろ米(50種混植米)と多品種で、稲刈りも稲木掛けも、手間を沢山に掛けることになったが、昼ご飯前にみな完了。まさに「奇蹟」を見るような思い。感謝多謝。

 今年の収穫は、にしのさんからも、じょんぱるさんからも、昨年以上の収穫だと言ってもらう。稲達のがんばりだ。
20111022inekari.jpg

20111022inagikake.jpg

 コミセンで昼食会を始めるころ、戸外は雨に。皆での持ち寄りのごちそうで満腹に。

 ほんとに不思議で「奇蹟」のような天候だったし、奇蹟のような「のんぼ」の集まりだと思った。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。