FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部一郎への期待

 今年も万次郎を植える。例年3本だが、今年は苗2本に。それで充分の収穫になるからだ。

 南部一郎というカボチャの苗もポットで育っている。どんなカボチャかの実験でもある。このカボチャは糖度が高いという。
 岩手産らしい。甘い汁を吸っているのか、なぜか小沢一郎の顔が浮かび、あわてて祓いのける(>_<)

 水田もカボチャも、草は抜かないで基本的には刈るだけだ。
 万次郎に関しては、どんなに雑草が生い茂っても万次郎は平気で実をつける。草むらのなかで育つ。
 
 晩秋初冬と、畑の万次郎カボチャを、枯れ草の下から何個も発見した。みな捜したと思っていたが、それなのに、先日草刈りをしていたら、万次郎が一個残っていた。流石に腐ってはいたが、なんと!と感動したものだ。すごいやつだ。

 野草と共存できるカボチャであることが嬉しいことだ。
 しかし万次郎はF1苗しか販売されていないのがシャクである。

 南部一郎の種をくださった方の話では、南部一郎も結構たくさんに実を結ぶとのこと。
 甘く皮も柔らかく、万次郎のような剛健さはないようだ。

 草刈りをして、そこに穴を掘り、植え付けてゆくことになるが、万次郎のように一郎も雑草と共栄共存できるのかどうか、今年の楽しみでもある。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。