FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

種蒔き、育苗、苗代田に

 あわただしい毎日。今期も合間を縫うようにしての農事になる。

 25日種蒔き。はまのさんと培養土をDIYで購入。498円×6袋。

 昨年通りのつもりだったが、にしの先達が今年は不在だったので、完璧とはいかなかった。
 苗箱に土をいれ、種を蒔き、散水をたっぷりし、さらに上土を乗せて育苗器に…と作業を行ったのだが、散水が不足していたこと、上土は軽い市販の培養土ではなく、山土(赤土)にすべきとのことを、翌日にしのさんから指導される。

 山土を入れるのは、(1)保水のためと、(2)種をしっかり押さえておくためとのこと。
 そういえば昨年は山土をいれたことを、あとから思い出す。

2013042502.jpg


 育苗器の温度設定も27度にしていたが、29日苗代田に降ろす予定をにしのさんに伝えると、それでは間に合わない、31度にしていそいで苗に大きくなってもらう…とのこと。
 温度調節で生育を一気に早めることができるらしい。
 さすがと脱帽の思い。

 26日午後、一時間ほど田にでかけ、苗代田の準備。水はしっかり入っているが、畔まわり水漏れをチェックし、草取りをいそぎ行う。 

 28日は、カンさんの田で収穫した餅米などをつかっての餅つき会。昨年暮れに事情あってできなかったので、この28日となった。30名以上、各地から参加、お餅だけでなく、饂飩にスッポン汁、パン焼き釜でのピザやらパンやら、ヤマメやアマゴの焼き魚まで。ちょっとしたカーニバル。

20130428.jpg

2013042802.jpg
 
2013042803.jpg


 29日午前、はまのさん、にしやま夫妻、にしのさんと一緒に、苗代田に苗箱移動。神秘の米10枚は、まだまだ成長不足で、苗代田にはだせそうもないとのことで、のこりの14枚を田んぼに。
 5月1日しか日程がないので、にしのさんに「間に合わせて」と無理を頼む。30日夕方、「大丈夫」との電話。さすが。

 IMG_7703.jpg

IMG_7706.jpg

 30日、北田東の斜面と溝の草刈り作業。午後2時間。草刈り機も機嫌良く動いてくれる。溝の水の流れをみていると、気持ちがすっきりするものだ。
 体内にも大地や水の気が流れ込む感じで、冬季の体の鈍重さが薄らいでゆくのが実感される。

 5月1日午前、はまのさん、にしのさんと残りの10枚を苗代田に。
 昨年の稲藁を田んぼに撒く。

 先月末にpc機種を新機種にしたのはよかったが、新pcにはsdカードの読み取り口がなく、usbのカードリーダーを急いで取り寄せることに。追って写真もアップすることに。
 
 2013/05/08 写真追加分
 
 IMG_7764.jpg
 ▲綾紫(神秘の米) 昨年もそうだったが、一足あとになってしまう。

 IMG_7775.jpg
 ▲昨年秋に稲刈りあと田んぼに放置していた稲穂から発芽していた。福岡さんは稲穂を田んぼに撒いておき、米を作っている、と聞いたことがある。できるものだろう。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

アベさんのブログに

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。