FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1998年3月ののんぼ通信

 今、22日夕刻。天気は下り坂か。
 昨日は所用で近郊都市への電車にのった。夏日で、外はクラクラするような光のなかであった。
 田に水が張られ、田植え準備も整っているところも多かった。みな機械での田植えであろうから、田植えと雨の歳時記的なセット感覚は、歴史的な遺産イメージになりかけている感じだ。
 今日は晴れていたが、明日は雨になるかもしれない。
 明日はほかのことでまた外出するので、できれば晴れていてほしいのだが…。

 夕方、田んぼの様子をみにゆこうかと思ったが、追われ仕事でとうとう行けなかった。4日も田を見ていない。愛情不足…と思う。明日朝とは思っているが、なかなか…。

     ○
 のんぼに関わったのは、1997年からであった。
 1998年から世話係のようになり、通信など出し始めた。

▼第一号ののんぼ通信 1998年3月23日
9803tusi.jpg


 のんぼの先輩たちは、自然農の川口さんの農法(『妙なる畑に立ちて』など)を参考?にしながら、田んぼで遊んでいたのだった。人間関係が先にあり、田んぼはその人間関係を持続するための絆のようなものであり、収量などは最初から関係ないという雰囲気であったし、その通りだった。
 とはいえ、それから10年余、土に親しみ、農事も自然と身について、稲作に関連しては、わたしなりに見通しもよくなってきている。なにも無駄なことはなかったと思うし、思いたいものだ。 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。