FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月29日 わかすぎさん宅へ

 梅雨空続く。以前からの約束で、わかすぎさん宅に。はまのさんの車で。
 
 途中、いわさきさんのお墓に参拝。隣のいわさき炭屋さんにもあいさつ。
 会う度に親しみが深まるのがいい。

 以前ののんぼ田は、そのまま。なんだか、歴史記念的に保存してもらっている感じで、なつかしい。

 ともこさんとはいろいろな話題で話す。

 くんちゃんが先日22日に亡くなっていた。17歳だったとか。なつかしい犬。

 生きていると、なつかしい場所が次々と増えてゆくものだが、なつかしさの場所は、とても内在化し時空間を超えているもので、とても身近なものになるものだ。
 そこにゆくと懐かしいものだが、ゆかなくても、懐かしい存在やら場所になっているものだ。
 地球という場所もそうなんだろう。ともこさんともそんな話をした。

 帰路、友人宅に立ち寄り、この春からはじめたという庭の畑をみた。立派なものだ。土を入れ、種をまき、苗を植えると、そこは畑という不思議ないのちの場となる。そこで収穫された豆をもらう。それを明日食べるだろう。
 そんな地球に住んでいる。

▼なにもなかったのに、いのちの空間に
20100629nisi.jpg

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。