FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月3日 ちょういちさんの「いろいろ米」

 栃木のうえのちょういちさんの「いろいろ米」を、栃木でうえのさんに会ってきた友人Uさんが持参してくれた。
 ちょういちさんとは、かなり以前に出会い、その後は年賀状交換くらいだが、お米つくり、それも、いろんな品種の米を混植栽培されていることが農業冊子に掲載されているのを以前に見て、注目していた。
 のんぼ田でも二年間は南田で混植を試してみたし、まあまあの収穫もあり、面白かったが、今年は止めた。収穫後の籾摺りでトラブルから…気分的に止めることにしたものだ。
 Uさんの話では、種蒔き段階から混植をつづけていると、稲の勢いが年ごとに弱る傾向があるらしく、ちょういちさんは、苗床は別々に種をまいて育てているとのこと。田植えも別々にして、収穫後に混ぜているのだろうか?
 以前読んだ冊子の記事では、種蒔き段階から混在とのことだったと記憶するが、問題があったのだろう。
 持参してもらった「いろいろ米」、籾がなく、きれいな玄米状態になっている。どのように籾摺りをされているのか、それが知りたくなる。
 ▼ちょういちさんの「いろいろ米」
20100704iroiro.jpg

 朝から昼遅くまで取材などでの外出。夕方は雨。田んぼ恋しやと思いつつ、寝転ぶ夕べ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。