FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月5日 有機肥料撒く

 パソコン前の仕事では強烈な睡魔に襲われていた4時すぎだったが、田んぼにゆくとスッキリする。このパターンが多くなった。昼ご飯を減らすか食べないかしないと…と思うが…。

 北田の草取りつづける。二度目は一回目とは比べものにならないほど早い。一度目に痛めている草であり、半分浮いた状態。だからかき集める感じの草取りだ。

 にしのさんと久しぶりに会う。
 万次郎のために飼い始められた日本ミツバチが、にしのさんには慣れて、ちかよっても刺すこともなく、かわいい、ハチとも気持が通じるものだとの話。
 自然の情的世界の深さやら普遍性を思う。形而上的な空間というか、ある種の霊性にみちた世界なのだ。

 北田西の部分は、分けつも遅く、心配だと話していたら、有機肥料をあげるから撒きなさいと、にしのさんがさっそくに持参される。20㌔をあまり元気のない稲たちのところに撒く。どんな反応がでてくるのか、楽しみでもあるが、冬場にもっと落ち葉などを入れて田んぼの土を作っておかなくては…と反省する。

 夜こだまさんから電話。もみじ田の方は通年湛水なので、雑草も少なく、あってもシンプルなものだとか。
 分かっているのに、昨年の秋からこの春まで、水をいれていなかったので、今年の草取りとなった次第だ。
 まあ、草取りも楽しいところもあり、いい体験ではあるが、この冬は湛水を期してゆく。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。