FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月9日 「草が大変」

 夕方2時間。静謐な時間が流れる田んぼだった。
 水と土に触れ、稲を愛おしみ、田んぼの生き物たちとも触れあう。
 地球の中心には6,000度にもなるマントルや核があることも知っている。
 不思議な球体のその表面で、小生も虫けらのようなものなのだが、パスカルではないが、宇宙を考え、その中での生命を思う。不思議な静かな時間。

 途中、京都のたなかさんから電話。
 また、ご高齢のSさん夫妻も久しぶりにこられ、農道で雑談。
 Sさんが長年気に懸けている近所の田んぼ、今年は草で大変だと。
 その田んぼは、私もこのところ毎日見ているので、心配になっていた田んぼである。
 先日写真に撮った田んぼもあるが、ますます繁茂し始めている。
 人ごとではないが、のんぼ田は一応草取りが進んでいるから、一安心はしているが…。

 ▼万次郎(手前のかぼちゃ)と綾紫(後の一番手前の田んぼ)
20100709man.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。