FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月25日 郊外に

 夕方は車で郊外に。
 すこし雨がぱらついていた。
 帰路、道路ぎわの田んぼをみていると、ヒエが稲と競争しているような田んぼを時々見かける。
 8月末、稲は結実し穂を垂れはじめている。一方ヒエは背筋をのばし,風にそよぐ。
 出穂期には草取りもできないが、この時期になると、草取りも再度可能になる。
 また、ヒエの種が落ちると、来年度にまた群生しがちで、輪廻の輪を閉じることをしなければならない。
 また、近隣の田んぼを作っている農家からは、なにがしかの苦情がでてくるものだ。
 
 となりまちのKさんの田んぼ、なぜか今年はヒエで大変らしく、友人たちで草取りをしようとの連絡がきた。
 のんぼ田には、ヒエは畦道にすこしでていた程度だが、すこし心配になる。
 明日は、きちんと観察しておこう。昨日、今日と田んぼにゆけなかったからか、大丈夫と思いつつ、心配になるものだ。

 入道雲にも、どこか秋の気配がある。それにしても、酷暑の毎日が続く。
 20100825.jpg
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。