FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月10日 ひさしぶりの田んぼ

 1日に田見舞いをしてから10日間、毎日、田んぼのことをちょっとは思いだしながら、他事にかまけていた。
 先日にしのさんに「8月殿様」との言葉を教えて貰ったが、そうなんだよな、なにもしなくても、稲たちは元気にしているよな…と、心慰めてもいた。
 しかし、5日は福知山で38度3分という記録的酷暑。雨も8日の9号台風時に降ったのみで、その後も快晴酷暑である。取水ができているかも心配。
 数日、あれこれ夕方が潰れていた。昨日も京都での会合で遅くなってしまい、田んぼにゆかず。
 もうすこし愛情があれば、夜中でも田んぼにゆくのだろうが、そこまでの愛情は、どうもまだ私にはないようで、反省もする。
 今日は、昼からの雑事をあれこれこなし、午後5時ころ、急ぎの原稿をメール添付し、野良着に着替えて自転車に。ほとんどの田んぼは稲刈りが済んでいた。
 南田は、取水口に草が詰まっていたが、田んぼには水があり、稲達は元気。畦道の雑草に賑やかにガードされ、問題なし。ホッとする。
20100910minamida.jpg


 北田にゆく途中、にしのさんと会う。にしのさん曰く、北田の出穂が今年はばらばらで、例年とはかなり違うとの話。にしのさんは、どんなことがあっても平気というか、そのなかから学べばいいという哲学をもっておられるので、例年と違うことは、そこに学ぶことがあることであり、いいことなのである。いつも、話していると力をもらうものだ。
 失敗が大事なのだと何度も聞いたし、そうだと思う。出穂のばらつきなどは、心配でもなく、なんだろうと考えるキッカケである。しかし、なんだろうと思うが、なんだか判らない。
 急ぎ北田に。取水はまあまあ。赤米は順調。背の高い黄米は、分けつは少ないが、例年なみ。緑米はまだ出穂していないものもある。ハッピーヒルは、毎年背丈が低くなる感じがするが、びっしりと結実しているが、まだ登熟にはほど遠い。綾紫は優等生。
▼左 赤米 右 黄米
20100910kimai.jpg

▼左 黄米 右 緑米
20100910midorimai.jpg


▼ハッピーヒル
20100910happy.jpg


 土手などの目立つところの雑草、近隣の目もあるので、刈る必要がありそうだ。
 南瓜畑は、今年はいままでのうちでは、最低ラインである。すこし収穫したが、小振りだし、個数も少ない。
 実もひねた感じである。熱暑酷暑に苦労したのであろう。ご苦労さまと声をかけ、すこし収穫した。最終的には50個以上は収穫できると思うが、昨年、一昨年はそんなものではなかった。これも来年への課題だ。

20100910yasai.jpg

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

さんぺい

Author:さんぺい
 毎日2時間ほど田畑にゆきたいな…

 不耕起水田で多品種の稲を育てていますが、機械なし、人力のみで、どこまで稲作ができるかの実験中でもあります。

最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。